口臭予防なら、江東区 久保歯科まで

口臭予防について

口臭予防について 「今、自分の息は臭くないかな」と、誰もが一度は気になった経験があると思います。口臭は、自分ではなかなか気づきづらい分、気をつけたいものですね。

口臭の原因は様々ですが、お口の中にある物質によるものである場合がほとんどです。原因物質の約90%が硫化水素とメチルメルカプタンという、揮発性硫黄化合物(VSC)といわれており、これらはお口の中にいる細菌が生み出しています。

口の中の食べ残しや唾液・血液などを、細菌が分解・腐敗することで、口臭物質が発生します。また、時間帯によっても変化があり、夕方は臭いが強くなります。

それでは口臭を防ぐにはどうすればいいのでしょうか? 実は、口の中の菌による臭いの原因は、舌苔や歯周病が引き起こしている場合が多くを占めています。つまり、舌苔と歯周病へ適切に対処すれば、ほとんどの口臭は解消するといえます。

舌苔と歯周病について、次にまとめましたので、ぜひ参考にしてみて下さい。

舌苔

口臭予防について

舌苔とは、舌の表面に付着している垢のことで、特に舌の後部に蓄積します。

舌苔を取り除くには、ブラシを使うのが良いでしょう。
舌ブラシという専用の道具もありますが、歯ブラシでも十分です。

舌を傷つけないように注意しながら、ブラシを舌の後ろから前に向かって、舌の表面を清掃していきます。軽い力で30回までのブラッシングであれば、舌が傷つくことはありません。1日1回、朝ごはんを食べたら、歯を磨くまえに行ってみてはいかがでしょうか。

歯周病

口臭予防について

歯垢や歯石、歯周ポケットの内部では細菌が増殖しているため、臭いの温床となっています。1本ずつ歯の表面を丁寧に磨いていくだけでなく、歯間ブラシ等を使った歯と歯の間の清掃、歯科医院での歯石除去が必要です。

歯磨きの仕方や専門的なケアなどが気になる場合は、歯科を受診してみることをおすすめします。