歯ぎしり(ブラキシズム)のことは、江東区 久保歯科まで

歯ぎしり(ブラキシズム)について

歯ぎしり(ブラキシズム)について

昼夜を問わず、無意識的に歯をこすり合わせたり、噛みしめたりする異常習癖のことを言います。ブラキシズムは誰にでも起こりますが、問題なのはその頻度、強さ、持続時間なのです。

正常な状態で、1日のうちで上と下の歯がくっついている時間をご存知ですか?
正常な方の場合は、20分弱なのです。

リラックスしている状態では、上下の歯は当たっていません。安静位空隙と言って、リラックスしている時の上下の歯の間は、2ミリくらいあいているのがベストな状態です。

この異状習癖が続くと、歯や顎にダメージを与えます。
詰め物の頻回の脱落、歯牙破折、知覚過敏、楔状欠損、齲触、歯周病、顎関節症などが発症しますので、対処が必要です。

歯ぎしりは、3つのタイプがあります。

  1. グラインディング
  2. クレンチング
  3. タッピング

このうち、歯や顎にダメージを与えるグラインディングとクレンチングを中心にして、お話をします。

グラインディング

歯ぎしり(ブラキシズム)について 一般的に歯ぎしりというと、このタイプを指します。寝ている時に起こることが多く、無意識のうちに上下の歯をすり合わせてるので、パートナーや家族から、ギリギリ音がしていたよと言われて、気付くことが多いですね。

歯の早期接触や精神的なストレスが、原因にあげられます。「生理的な現象」の一つとも言えるのですが、有害な症状が出る場合には対処が必要です。

歯ぎしりが起こると、詰め物の頻回の脱落、歯牙破折、知覚過敏、楔状欠損、齲触、歯周病、顎関節症などが起こります。

治療には、ナイトガード(マウスピース)の装着、ストレスの軽減、噛み合わせの調整を行います。ナイトガード(マウスピース)は歯の型をとり、石膏模型に合わせて、作製します。

クレンチング

歯ぎしり(ブラキシズム)について 上下の歯を強く食いしばり、噛みしめともいわれる最も怖い動作です。寝ている時や起きている昼間でも起りますが、自分では噛みしめていることを意識していません。

朝起きると顎がだるい、歯が浮いているような感じがするという方は、無意識のうちにこうした噛みしめをしていることが考えられます。グライディングのように、横にこすり合わせませんので音はせず、気づきずらいタイプといえます。

通常、上下の歯は接触していなくて、2〜3ミリほど離れています。上下の歯が接触する時間というのは、物を食べる時も含めても、たった20分弱です。

ところが、食いしばりでは、常時ぐっと歯を噛みしめているので、歯・歯茎や顎などに大きな負担がかかってきます。

総入れ歯の方にこれがあると、大変難しい治療になります。
昼間の食いしばりを治すには、認知行動療法が有効な場合があります。

まずは、食いしばりを自覚することが重要です。日常生活で食いしばりをしていることに気づくことにより、食いしばりを予防することができます。

上下の歯を接触させていることに気付いたら、「歯を離す」ことを意識して、「はー」と息を吐くことで、力を抜きリラックス状態をつくります。

よく見る場所(テレビやパソコンやキッチン)などに、『歯を離す』『はー』と書かれたポストイットを貼っておくのも良い方法です。

タッピング

歯ぎしり(ブラキシズム)について 上下の歯をぶつけ合って、カチカチと鳴らすような音を出すタイプの歯ぎしりです。歯ぎしりのタイプ全体で見ると少ないタイプで、グラインディングやクレンチングに比べると、歯や顎に加わるダメージは少ないようです。

歯科受診の理由として、多くの方が歯の痛みやしみる症状で来院されますが、歯ぎしりや食いしばりが原因だっとということがよくあります。

または、食いしばりや歯ぎしりにより、虫歯になりやすくなってしまったり、歯周病が悪化するといった悪循環となることも考えられます。

症状が悪化する前に、もしかして?と思ったら、歯科医院を受診してみましょう。