セレック治療なら、江東区 久保歯科まで

セレック治療

~患者様のお口の健康を守り、治療の負担を減らしたい~

「とても小さな物なのになんでこんなに時間がかかるんだろう?」
「仮でつめていたものがとれてしまった。」
「忙しくてなかなか次の予約がとれない。」

こんなことはありませんでしょうか。
江東区大島の久保歯科医院では院内で技工物を制作することができるセレックを導入いたしました。

こちらの「セレック」の導入によりその日のうちに患者様の治療を行い、被せ物・詰め物を行うことが可能になりました。この「セレック」を取り入れている歯医者はまだまだ少ないのが実情です。江東区大島の久保歯科医院がセレックを入れたのには理由があります

補綴物が最短即日で出来上がって、患者様の治療期間が短くなる

「一体いつになったら治療が終わるのか?」

そう不安になることもあると思います。
患者様のお口にセットするインレー、アンレー、クラウン等と呼ばれる補綴物(被せ物・詰め物)は、歯を削った後に型取りをしてから技工所に送って作成をしてもらうことがほとんどなのです。
「患者様の型取り→型取りの模型を技工所に郵送→被せ物作成→完成品医院郵送→患者様のお口にセット」
というように通常の場合でも1週間~10日程度の製作日数がかかっていました。

その間に歯の痛みが再発してしまったり、被せ物がとれてしまうこともありました。
しかし、このセレックという機械は医院内技工を可能にするため、最短1日でかぶせ物を制作し、セットすることを可能にしてくれます。治療してすぐに被せ物や詰め物をすることにより、虫歯の再発可能性も限りなく少なくなります。

またセレックで使用している材質はセラミックのため汚れがつきにくいのも特徴です。
硬さも歯と同じ硬さになるため、反対側の歯を傷つけることがありません。銀歯では10倍以上の硬さがあると言われており、その硬さにより反対側の歯が欠けてしまったり、折れてしまう可能性もあるのです。

どうやってできるの?

「一体いつになったら治療が終わるのか?」

そう思う方が多いと思いますが、ご安心ください。
江東区大島の久保歯科ではSIRONA社のセレックを導入しておりますが、このSIRONA社のセレックは歯科・歯医者業界でトップクラスの品質を誇っています。

治療の流れ

まず患者様の型取りをしてから光学カメラで患者様のかぶせ物に必要な位置や形を機器にデータを取り込みます。次に患者様の天然の歯に近い色のセラミックブロックを選びます。そしてミリングマシンと呼ばれる高性能な3Dプリンターのような機械で自動的に患者様に合うかぶせ物を削り出します。

セレックシステムで出来上がったかぶせ物は、患者様の天然の歯に近い色合いになるので、まるで本物の歯のように審美性に優れ、金属も入っていないので患者様の身体の健康にも良いのです。
金属アレルギーがある方などはメタルフリーになるため、セレック治療をおすすめします。

耐久性にも優れているため長期間使うことができます。
オーダーメイドで作成するので患者様の口の中にぴったりと合います。

どんな人に向いているの?

「これまで保険の治療しかしたことがないので不安」「今まで銀歯しか入れたことないけど白いのに変えたい気持ちもある」等、ご意見やご質問はお気軽にスタッフまでご相談ください。また、セレックシステムの詳しい説明やこれまでに施術した患者様の症例等もご用意しています。

この機会にご自身のお口の中の健康を一緒に考えてみませんか?

治療例

治療 セレック治療では虫歯になってしまった箇所に対する補綴物(被せ物・詰め物)を入れます。
セレックというミリングマシンで削りだし、患者様の歯に適合する被せ物・詰め物を装着いたします。

リスク 歯と同じ硬さのため、噛みあわせが強い方は稀に割れる可能性があります。

施術の価格

2日に分けて治療する場合 50,000円
1日で治療する場合 60,000円
※ 1日で治療する場合はオーダーメイドで歯を作成するため、およそ2時間程度いただいております。

白い詰め物であってもここまで違います。自然に仕上がるため、治療跡がわからない状態になります。