口腔外科・インプラントなら、江東区 久保歯科

口腔外科(インプラント)

入れ歯に不満のある方や歯の抜歯をされる方で、より歯に近い見た目と噛み合わせを求めるならばインプラント手術をお勧めします。

インプラントは噛み合わせの感覚が自然で、「第2の永久歯」とも言われています。以前は高齢者のためのものと考えられてきましたが、近年は30代、40代の方でも積極的に利用を始められています。

主な診察内容

インプラント

当院では、カウンセリングとCTスキャンによって、患者さまのご要望、歯やお口の状態、目に見えない部分を細かく分析し、長く安心して使えるインプラント手術プランをご提案いたします。

また、手術前に前処置としてむし歯や口腔内の治療を行っています。

痛みや不快感のないインプラント手術

患者さまに安心して施術を受けていただくために当院では「鎮静法」を活用しています。向精神薬、鎮痛薬を整脈投与することで感覚が鈍り、痛みや引っ張られる感触もなく、時間を忘れて手術を受けることができます。

ITI・アンキロス・カルシテック

インプラントの成功率はインプラントと歯茎・骨の親和性によります。上で紹介した3種なら歯茎・骨の拒絶反応が起きにくく、インプラントと癒着しやすいので成功率が高いのです。当院ではこの3種の中から、患者さまの表面性状、形態を見据えて最適なインプラントをご提案しております。

  • 健康な歯をまったく削ることなく、歯の無い部分にインプラントを入れます。

  • 健針金付きの入れ歯ではなく、歯の無い部分に適切な数のインプラントを入れ、固定式の人口歯を取り付けます。

  • 健数本のインプラントを入れて入れ歯の固定源となる維持装置を取り付けます。

©大信貿易株式会社

その他、スクリューベント、スイスプラス、AQBのお取り扱いもございます。

インプラントについてご検討中の方、興味のある方は久保歯科までお問い合わせください。院長の久保秀二が不安や疑問にわかりやすくお答えいたします。

歯の移植

余っている歯を使って抜いた歯の代わりに移植します。
親知らずなど捨てられてしまう歯を欠損箇所に有効活用できます。